青山航士公式ファンサイト
only one
青山航士を応援する会
ファンのレポートページ

『三銃士』日本初演

*東京公演レポ*
大雪さん
haruさん
mirahonoさん

*福岡公演レポ*
mirahonoさん
よっしぃさん

応援する会から
差し入れを送りました


東京公演:帝国劇場
2011.7.17.(日) -8.26.(金)
*
福岡公演:博多座
2011.9.3.(土) -9.28.(水)


only one  
 top page

青山航士を応援する会トップページへ


帝劇公演 大雪さん / 観劇日: 2011.8.18

16、17日と、家族でUSJに行って参りました!
そして、本日18日はなんと!! 東京は帝国劇場に来ています!!!!
来ちゃった「三銃士」
実況しようと思ったんですけど、携帯の電池がない…
ちゃんと充電しとかないなんて、私のバカバカ!
というわけで、詳しくはまたあとで。では~

以下ごく普通にネタバレしてます。
注意!!

帰ってきました。
時刻は、間もなく19日の午前1時。
そう、午前様です。
疲れた。
でも、見てきたよ。
寝なかったよ。
がんばったよ。
久しぶりに青山さんをいっぱい見すぎて、頭がパンクしています。
かっこよかったな~。
ミレディの『男なんて』での、美しいポージングの数々。
ダルタニヤンの友人役の時の、弾むような若々しい身のこなし。
貴族のダンスの、足元の優雅なこと!
青山さんのまとったマントは、やっぱり動きがきれいですねえ。(←これは、『うたっておどろんぱ!』のDVDのレビューで、以前にも書いています)
嵐のシーンで船からぶら下がるのも、青山さんなんですよね。
私の席からは、ちょっと遠くて暗くて確認できなかったのですが、あれは青山さんだという情報は某所で拝見していたので、ばっちり注目しましたよ。
前回『ワンダフル・タウン』では役が付いていたので、出番がさほどなかったのですが、今回はバックとはいえ沢山の青山さんを見ることができました。
シヤワセ~
コメディかと思うほどにストーリーも面白くて、いや~楽しかった。
いろんな所がまるでアドリブのようですが、昼も夜も同じやり取りということは、脚本どおりなのですよね。
アトスとロシュフォールのおでこゴッチンとか、ロシュフォールの「ば~かか~ば」とか。
思わず突っ込んだのは、アトスの「ごめんね~」に対してロシュフォールが、「わかればいいんだ」と言うところ。
・・・いいんかい、それで。
って、ロシュフォールがらみばっかりだわ。
出演者の方々もアラミス役の石井さん始め濃い方ばっかりですけど、注目は、リシュリュー枢機卿役の、山口祐一郎さん。
うたう様な美声は、神職なのにちょっと色っぽくて、なんだか背徳の匂いがしました。
あっという間の3時間×2回。
帰りの新幹線の関係で、夜の部の幕が下りた後のお楽しみを観られなかったのは残念。
どんなお話が出たのでしょうか。
ちなみにお昼の部では、
アトスは「熱中症に気をつけて、『三銃士』には熱中しましょう」
アラミスは、ハンカチの形についての薀蓄。
ポルトスは、騎士道とレディファーストの関係。
でした。
16日から右目が真っ赤に充血してたし、おなかは痛いし、疲れて足はパンパンだし(パンプスが履けなかった)で、朝眠くて仕方がなかったけど、がんばって布団から何とかはいずり出して、出かけてきました。
直前に取ったチケットなので、席はちょっと後ろの席だったけど、直前に取った割にはいいお席をいただきました。
ありがとうございます。
ただ、ついつい自分で使えなかったチケットのことを考えてしまうのも、人情。
だって、C列ど真ん中。
いやでも見えてしまうわいな。
ああ、本当ならあの辺りで見られたのになあ。
なんて思いも、胸をよぎりました。
ま、言ってもせん無いことですけどね。
しかし、このごろ運がない。
今回C列ど真ん中は、昼の部。
同日夜の部も取っていたのですけど、こちらもC列サイドブロックのセンターブロック寄りの端。
『ミシマダブル』の時にも、たった1回分だけB列が当たったのですけど、それが行けなくなってしまい。
と、いい席が取れると行けなくなってしまうという、悲しいことになってしまっています。
なんで?!
いやまあ、。
愚痴を言っても、本当に仕方がない。
見に行けただけで満足しないとね。
余談ですけど、
私も含めてウチの家族は、帝劇の売店で売っているお菓子の詰め合わせが大好きだったのですが、今回それがなくなってしまっていました。
がちょーん。
寂しい・・・
大雪さんのブログ記事から転載させていただきました。一度観劇をあきらめた大雪さん、一転「マチソワ午前様日帰り」という荒行を達成。ファン魂(スポ魂みたい?)あふれるレポ、有難うございました。***管理人

帝劇公演 haruさん / 投稿日: 2011.07.18(東京公演初日)

見てきました♪
素敵でした~☆
最初のシーンで青山さんを探して、??って思っていたら、その次のシーンで青山さん登場!
ダルタニャンの友人として、棒を剣にみたててのダンスシーン、カッコ良かったです♪
その後もいろんな場面で登場されますが、私はミレディとのシーンに釘付けでした。
衣裳は黒…。照明には赤が入り、セクシーでした。
銃士の姿も貴族の姿もお似合いでした。
日本を元気にしてくれる、素敵な作品だったと思います。
あと、今日からマチネだけの公演日は、終演後、キャストの方が募金箱を持ってロビーに立たれるというお話がありました。
貴重な初日公演のレポ、本当に有難うございました。公演期間中、お互い何度も見に行きたくなって本当に悶々とした日々を送りましたよね~。脳内の記憶を映像として再生する研究が進んでいるそうなので、私達の頭の中のもお願いできる日が来るかも? その頃は老人ホームかもしれないけど、頑張って記憶をためておきます***管理人

帝劇公演 mirahonoさん / 投稿日:2011.8.3

初めてコメさせていただきます。
あまりにかっこよいんで思わずコメしちゃいました。
ここ!
ここの場面の青山さんがとてもセクシーで大好きです(*^^*)
もうこのシーンの青山さんが見たくてチケット追加したくらいです。
私もうれしいです。
ありがとうございました。
ミレディダンサーの舞台写真がアップされた時に頂いたコメントです。今まで日本のミュージカルには無かったような大人の男性の魅力がいっぱいで、思わずコメントしてしまうのもわかります。
青山航士さんの「このシーン」はonly one galleryで***管理人