青山航士公式ファンサイト
only one
青山航士を応援する会
ファンのレポートページ
***
The Lin Garan Show

新宿LIVEたかのや
by ゴージャスようこさん

***
『ワンダフルタウン』 日本初演

東京公演レポ
by haruさん&そらさん

名古屋・大阪公演レポ
by 大雪さん&AKIMIさん


東京公演:青山劇場
2010.10.23(土)
-11.4.(木)
*
名古屋公演:中日劇場
2010.11.11.(木)
-11.14.(日)
*
大阪公演:梅田芸術劇場
2010.11.18.(木)
-11.24.(木)


top page


青山ファンの「こんなものが観たい」という想いがそのまま形になったような『ワンダフルタウン』。
会のメアドやブログのコメント欄に頂いた皆さんの感想を思い出のページとしてまとめました。

 haruさん / 投稿日:2010.11.01

無事に見てきました~。ワンダフルタウン。
すっごく楽しいミュージカルで、 そしてそして、青山さんのヴァレンティがカッコよすぎて。 楽しい時間ってあっという間に終わってしまいますね。 今は、何度も頭の中でリピートして 一人ニヤけている怪しい私です。。。モォ~
叶姉妹さんからの真っ赤なお花は、本当にゴージャスで素敵でしたよ!
青山さん→おどろんぱ「こーじ」→赤いバラ と考えてしまう私。 ヴァレンティの赤いチーフも印象的でした。
リクエストしたいのは、やっぱりバラでしょうか? でもでも、決められません~~~
***画像は「青山航士を応援する会」から東京公演初日に贈ったお花。暖簾の龍にちなんで雲龍柳と百合で創って頂きました。奇麗ですね~。雲龍柳の上端は2m50cm超。スケールの大きなお花でした。フルールはなはなサマ、いつも本当に有難うございます。この頃、大阪公演のお花のリクエストを募集していました♪(管理人)***

 そらさん / 投稿日:2010.11.09

台風の週末、『ワンダフルタウン』観てきました。
青山さんのダンス、鳥肌が立ちました。 本当にいつも素敵ですね。 登場するたび目が離せなくて、心ゆくまで堪能!! そのせいでしょうか。 物語の狂言まわし的な役割に見えてしまいました。 ニューヨークのまやかしに操られ翻弄され、 最後はハッピーエンド、みたいな感じ。 それはともかく本当に本当に、素敵なダンスでした~。
***上の感想はメールで頂いたのですが、素敵なのでブログに掲載させて頂きました。特に「ニューヨークのまやかし」という言葉が管理人には激ツボ。「もっと書いてほしい」という管理人のお願いに答えてくれたのが次の文章です。宝塚を知っている方ならではの「なるほど」な解説ですよね。(管理人)***

 そらさん / 投稿日:2010.11.10

ところで、この番組を見ていて気がついたのですが、 演出は荻田浩一さんでしたね。(知っていましたが、忘れてました)
荻田さんは、数年前まで宝塚の演出の先生でした。 芝居の演出もなさいましたが、ショーの演出に定評があり、 独特の世界観が他の先生と違った魅力でした。 (陰と陽、清らかなものと邪悪なもの、歓びと哀しみといった 対照的なものが混沌としながら鮮やかに浮かび上がる…感じ?)
そして、荻田先生のショーには「象徴的な存在」がありました。 それがトップさんでも娘トップさんでもなく、 歌やダンスに傑出した才能のある人が選出されていました。 かつて安蘭さんもそういった役をされていました。
今回の青山さんも、やはりそういった存在かも!と思いました。 「ヴァレンティ」として出演(セリフのある)している場面の他は特に。 それは「ニューヨーク」かもしれないし「音楽」かもしれないし。 「躍動感溢れる」感じだったり「妖しい」感じだったり… だからこそ印象的だし、最初から最後まで存在感がある!!
青山さんの他の舞台をたくさん観ていないので較べられませんが 宝塚ばかり観ていた時期のある私から観て、 青山さんの役は重要な意味のある役割だという印象が残りました。
ちょっと余計な情報だったかもしれませんが… 自分のブログに書けって感じですね。(ただ今放置中・苦笑) あ、男性との共演は、私は抵抗ないというか新鮮です。 青山さんのリフトは、実は『アイーダ』の時に画像で…げほんげほん。 本番ではないけど、夢が叶ったって仰ってました…げほんげほん。 青山さんは大好きですよ~。当然じゃないですか!(笑)
あぁ本当に、もう一度観られるものなら観たいです。 (荻田先生の演出だということを念頭に見直してみたい!! セットや衣装、舞台の使い方にも特色があって美しいですよね) haruさんと同じく、毎日妄想遠征を企てています(笑・笑) とりあえずCS特番を繰り返し繰り返し見ています。